書評

『大江戸飼い鳥草紙 江戸のペットブーム』細川博昭

大江戸飼い鳥草紙―江戸のペットブーム (歴史文化ライブラリー) 作者:細川 博昭 メディア: 単行本 本書はその名の通り、江戸時代の鳥飼いの流行について書かれている。 そもそも江戸時代、鳥は今よりもっと身近な存在であった。森林から断続的に残されている…

『神様がサッカーを変えた』岸田光道

神様がサッカーを変えた 作者:岸田 光道 メディア: 単行本 フィクションの登場人物の名付けというのはよくわからない。 よくわからないから、付け方もその都度ちがっていて、まあでも実際に名前というものはそんな風につけられるのだから、このままよくわか…

『働く男』星野源

働く男 (文春文庫) 作者:星野 源 発売日: 2015/09/02 メディア: 文庫 書かれていること自体がとくべつ面白いというわけではないと言えば語弊があるが、星野源という人間に対する興味を倍増させるほどに文章が光を放っているわけではない。 それでも、自ら「…

『手賀沼周辺の水害-水と人とのたたかい400年-』中尾正己

今は穏やかで、ついでに言うと一時期の日本一汚いという水質も多少は改善されたが、千葉県我孫子市にある手賀沼のあたりは、四百年ほど前から利根川の氾濫による水害に悩まされてきた。 そもそも川というのは自然な水の流れに人が堤防をつくったものでは全然…

『今日を歩く』いがらしみきお

今日を歩く (IKKI COMIX) 作者:いがらし みきお 発売日: 2015/03/13 メディア: コミック いがらしみきおは、15年以上、雨の日も風の日も雪の日も、毎日、家の周囲の決まったコースを歩き続けたという。今も続くものかわからないが、2014年から2015…

『トンネル』ベルンハルト・ケラーマン/秦豊吉訳

トンネル 作者:ベルンハルト・ケラーマン 発売日: 2020/09/05 メディア: 単行本 国書刊行会でこのブログの本を出そうと動いていた時だったから、刊行のけっこう前に出ることを知ったと思う。「トンネル」のことを記事で書いたこともあったから、編集者が教え…

『ウォークス 歩くことの精神史』レベッカ・ソルニット/東辻賢治郎訳

ウォークス 歩くことの精神史 作者:レベッカ ソルニット 発売日: 2017/07/07 メディア: 単行本 歩行の歴史――あらゆる時と場所、フィールドにまたがって、歩行をしてきた人間どもの記録だが、人間みな歩ければ歩くのだから、その中で、歩くことに特別な意味を…

『五つ子 その誕生と成長の記録』山下頼充・浜上安司

五つ子―その誕生と成長の記録 (1977年) 作者:山下 頼充,浜上 安司 メディア: - 文學界2020年8月号で、磯﨑憲一郎さんと対談した。 コロナ禍、緊急事態宣言が解かれて少ししてお目にかかるという状況だったが、家から出ない間は、対談準備の本が読めて楽しか…

『二列目の人生 隠れた異才たち』池内紀

二列目の人生 隠れた異才たち (集英社文庫) 作者:池内 紀 発売日: 2008/09/19 メディア: 文庫 本書はなかなか思い出深く、油屋熊八とともに湯布院を温泉地にした中谷巳次郎の話を比喩に借りたこともある。そんな例は山ほどあるが、引用文献のように出すわけ…

『スタジアムの神と悪魔―サッカー外伝』エドゥアルド・ガレアーノ/飯島みどり 訳

スタジアムの神と悪魔―サッカー外伝 作者:エドゥアルド ガレアーノ メディア: 単行本 本書は一時期、久保建英が移動中に読んでいる本として話題になった。みすず書房の本を読むフットボーラーなどまずいないからだ。読書家で知られた元レアル・マドリーのエ…

『現代児童文学作家対談5 那須正幹・舟崎克彦・三田村信行 』神宮輝夫

那須正幹・舟崎克彦・三田村信行 (現代児童文学作家対談) 作者:神宮 輝夫 メディア: ハードカバー この毎週日曜8時に更新するようになっている書評だかなんだかで表題になっている本は、一連の考え事が始まるきっかけになった本というだけで、読んでもなか…

『作家の仕事部屋』ジャン=ルイ・ド・ランビュール編、岩崎力 訳

作家の仕事部屋 (1979年) メディア: - 私が好きなのは、該博な知識を駆使した仕事ではありません。私は図書館が嫌いです。図書館ではほとんど本が読めないと言ってもいいほどです。重要なのは後楯となるテキストとの、直接的な、現象学的な接触なのです。私…

『松本隆対談集 KAZEMACHI CAFE』松本隆

松本隆対談集 『KAZEMACHI CAFE』 作者:松本 隆 発売日: 2005/03/19 メディア: 単行本 亡くなったから書くわけでもないが――と言っても亡くなったから読み返した以上、亡くなったから書いているのだろう。 誰が相手でも興味深い話の連続である本書には、筒美…

『佐倉牧 野馬土手は泣いている (続) 』青木更吉

佐倉牧野馬土手は泣いている (続) 作者:青木 更吉 メディア: 単行本 前に成田の辺りを歩いていたら、こぢんまりとしているが手入れの行き届いた寺があった。説法山多聞(門)院という。観音堂と小さな大師堂があり歴史も古いようだが、何より一番目立つのは…

『鷗外随筆集』千葉俊二 編

鷗外随筆集 (岩波文庫) 作者:千葉 俊二 発売日: 2015/01/22 メディア: Kindle版 昔から、これに入っている「サフラン」が好きで、時々本棚から出して読む。「これはサフランという草と私との歴史である」という文にまとまる随筆だが、歴史といっても短く、す…

『記憶よ、語れ――自伝再訪』ウラジーミル・ナボコフ、若島正 訳

記憶よ、語れ――自伝再訪 作者:ウラジーミル・ナボコフ 発売日: 2015/08/07 メディア: 単行本 自分が見るなり思い浮かべるなりした光景を文にして、それを読んだ誰かが光景として頭の中に立ち上げる。基本的にはそういうイメージの伝言ゲームに関わっているわ…

『僕の知っていたサン=テグジュペリ』レオン・ウェルト、藤本一勇訳

僕の知っていたサン=テグジュペリ 作者:レオン ウェルト 発売日: 2012/09/01 メディア: 単行本 芸能人の自殺の報が多い。本人のことは何もわからないけれど、自分と同じような情報しか持っていないはずの人々からかなり色んな言葉が出てくる。ちょっと見ただ…

『子どもに聞かせる えらい人の話』

息抜きに書評を書きためて少しずつ出している。色々済んだ時、本棚を眺めてこれはと目についたものを手に取ってちょっと読んで書いたりして、書けたりして、amazonの商品紹介でも貼り付けようとしたらもう売ってないものも多い。こうなると本代の足しになれ…

『自然な構造体―自然と技術における形と構造、そしてその発生プロセス』フライ・オットー他、岩村和夫訳

自然な構造体―自然と技術における形と構造、そしてその発生プロセス (SD選書) 作者:フライ オットー 発売日: 1986/07/01 メディア: 単行本 先日、中国の緑あふれる集合住宅というコンセプトの高級マンションで蚊が大発生し、もうろくに人が住んでいないとい…

『契れないひと』たかたけし

契れないひと(3) (ヤングマガジンコミックス) 作者:たかたけし 発売日: 2020/09/04 メディア: Kindle版 「同人誌仲間」のことばかり書いていると、作品だけを見つめた感想は難しい。 あんなウンコの漏らし方をした人間がその後、同じ職場でまともに働き続…

『いまだ、おしまいの地』こだま

いまだ、おしまいの地 作者:こだま 発売日: 2020/09/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) こだまさんの新しい本が送られてきた。 帯で酒井若菜が「読んでも読んでも疲れない」と書いている。それが褒め言葉になるかどうかはさておき、なんとなく頭に入れな…

『サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する』梯久美子

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する 作者:梯 久美子 発売日: 2020/04/24 メディア: 単行本 サガレンはサハリン/樺太の旧名である。 死んだら人はどうなるか。どこに行くか。というか、この前死んだ「わたくしのいもうと」のトシはどうなったのか、どこに…

『鳴雪自叙伝』内藤鳴雪

鳴雪自叙伝 (岩波文庫) 作者:内藤 鳴雪 発売日: 2002/07/19 メディア: 文庫 制度や文化の違いはあれど、昔の人の感覚や営みが今の人と比べてそれほど変わらなかったとかは、知れば知るほどいいというか、何度も繰り返し知っていかないと、すぐに実感から遠く…

『揺れうごく鳥と樹々のつながり 裏庭と書庫からはじめる生態学』吉川徹朗

揺れうごく鳥と樹々のつながり (フィールドの生物学 25) 作者:吉川 徹朗 発売日: 2019/03/29 メディア: 単行本 このご時世、マイクロツーリズムなんて言葉も注目されているが、当地に住んでいても顧みられないものというのは沢山あって、遠出して求めている…

『「馬」が動かした日本史』蒲池明弘

「馬」が動かした日本史 (文春新書) 作者:明弘, 蒲池 発売日: 2020/01/20 メディア: 新書 古墳時代、王宮に仕える大工の名人がいて、「自分はミスをしない完璧人間で逆に苦労が多い、巨乳は肩がこるみたいな感じ」などと凄くいやなアピールをしてくるので、…

『木工少女』濱野京子

木工少女 作者:濱野京子 発売日: 2020/01/10 メディア: Kindle版 この前ツイッターで、あるおじいちゃんが亡くなって、孫が棺にじゃがりこを納めたので何かと思ったら、二人は家族に見つからないようによく食べていたということで、さらに後日、そのおじいち…

『ケベックの女性文学―ジェンダー・エクリチュール・エスニシティ』山出裕子

ケベックの女性文学―ジェンダー・エクリチュール・エスニシティ 作者:山出 裕子 メディア: 単行本 このブログはかつての自分に書いているようなところがあるので、いちいち説明もしていきたいけれど、カナダの公用語は英語である。ただし、フランス系の植民…

『ナチを欺いた死体――英国の奇策・ミンスミート作戦の真実』ベン・マッキンタイアー 小林朋則訳

ナチを欺いた死体 - 英国の奇策・ミンスミート作戦の真実 作者:ベン・マッキンタイアー 発売日: 2011/10/22 メディア: 単行本 スパイにまつわるものをいろいろ読んでそのことを考えているうちに、小説に書き込もうかというぐらいに根ざしてきたと思い、さら…

『柳田國男全集 31』

柳田国男全集〈31〉 (ちくま文庫) 作者:柳田 国男 メディア: 文庫 最近、訳あって自分勝手に本を選んで字数も気にせず書評を書いたらすごく快く、やはり自分は書くのが好きっていうか、そればっかり楽しくて生きているし、いつからか全てそこに還ってくるよ…

物思う人によせて(ゼッタイお前のことじゃない)

ワインズバーグ・オハイオ (講談社文芸文庫) 作者:シャーウッド・アンダソン 発売日: 1997/06/10 メディア: 文庫 大江健三郎が綿矢りさに贈ったとかいう大野晋の『古典基礎語事典』「ながむ」の項にこうある。 ながむ 長い時間じっとひと所に目をやっている…