読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電気仕掛けのパン屋店主

 どうしようかな、やっちゃおうかな。

 お店のものぜんぶ、叩いたり、蹴ったり、倒したりして、一つ残らず壊しちゃおうかな。

 冷蔵庫も、電子レンジも、洗濯機も、テレビも全部、壊しちゃおうかな。

 そんな町の電気屋さん近所になかったから、おもしろいかもな。

  冷蔵庫を全部キャシ塚みたいに倒しちゃって、5分もウインナをチンしてる中の電子レンジの扉を急に開けてそのまま蹴り切って、洗濯機はウンコして一瞬水入れたあ と駅前の本屋の前に置いてこよ。テレビはエルボーして割れると思うけど、そのへんの駐車場の車の下だな。最近のは薄いし、車乗ってる奴は全員人殺しだから。それは間違いないから。

 あーそれで、それで空っぽになった店で、スーパーで買ってきたちょっと安い菓子パン、100円で売ろうかな。

 テレビだけ一台残しといて、真ん中に仰向けに置いて、曜日ごとにGLAYとかドリカムとかのライブDVDを流してる上に並べておいたら、けっこういけそうだな。なんかちょっとあったまりそうだし、みんな喜んでくれるはず。

 パン屋さんになれるな。

 タバコ銭ぐらい稼げそう。1日に2箱吸うようになっちゃったから稼がないとな。嘘、もうどうでもいい。全て無駄。息子が来年から高校生だけど知ったことでもないしな。

 息子おもしろくないもんな。中3でああおもしろくないから、もうずっとあのままだよ。死ぬまでおもしろくないよ。そして自分で気にしない。そんなこと全然考えなかったな。

 明るい性格だから、インパルス板倉を天才と信じてスクスク育ってしまった。朝ご飯ときどき食べて、ときどき食べないで、ときどき「いってきます」っつって出て行くもんな。

 生まれた時は嬉しかったな。

 半年後に死ぬ女のオマンコを住処にして頭から徐々に、たくさんの人の手を借りて出てくるなんて、ちょっと才能があるんじゃないかと思ったな。

 だから疑わなかったよ。おもしろくなく育つ可能性に頭が回らなかった。あの時は三人でおもしろく幸せに暮らせると思ったんだな。

 でも、おもしろくなく育っちゃったし、幸せでもなかったよな。

 育つにつれておもしろくなくなるもんだから、家の中がどんどん中3の一番いやだった時のクラスみたいな感じになってきて正直いやだったよ。中3と40代の最後の方は地獄だったよ。

 秋の文化祭、サッカー部の中心の仲間で金爆やるのがんばってくれ。お前は「中心の仲間」と言ったな。

 すごいな。俺も50過ぎてますます正直になるけど、ダウン症の方がまだましだろうな。

 ダウン症の子はうちの息子よりおもしろいもんな。1日に30回むかつくけど、1回爆笑できそうだしな。

 1回爆笑できたら相当いいよ。すごいね。ていうか30回もむかつかないんじゃないのかな?

 出かけたり、別の部屋にいればいいんじゃないか? ときどき美味いもの食わせば。

 というのとは別に考えたんだが、自分のチンチンを住宅街で切っちゃおっか? ニッパーで切っちゃおうか。

  お昼で明るいけど、誰もいない時に、道路にダイヤみたいな形が書いてあるところで、チンチン切って、こざっぱりしたアパートのレンガみたいな壁に投げて、痛みで目は100% 開けられないだろうけど、瞼に映る薄赤いもやもやを頼りにしてさ、光の射してる方に走ってって、だんだん広い道路が近づいて来るし、車の音も聞こえるから、ちょうどバカでかい何運んでんだよってトラックが来ることを願って、何運んでんだよ! つってさ、飛び込もう。ん!!