読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ・ビジョン応答せよ!


「創作文芸のビジョン」集積


 こうした動きが出ているそうです。ちなみにどなたか、リンクをつけたら自動的に青色にしてアンダーバー的なものを出さすためにはどこをいじくったらいいのか教えてください。僕は困り果てています。
 これはあくまで「Google Wave」という初耳におっかなびっくりしている、はてなとかそういうのにもあまり関わってこなかった僕個人の感想ですので、皆が使っている専門用語もびっくりするほど口をつきませんが、暇なら聞いてください。(書き終わって一番前に付言しておきますが、特に何も言えていないため最後謝ります)
 さて、ネット上にある創作は、チラチラみて、正直言ってほとんどは、何がおもろいねんの一山いくらの世界です。多様化と聞いて来てみたらこのザマです。絵や写真を簡単にはっつけられたり、リレー小説や改変上等創作などをしたり、やりやすくなることはいくらでもあって、やってみるのも悪くないのはそうに決まってますが、それでおもしろいの天竺までいくのかといえばめちゃ疑問です。やり方を変えれば世界も一変するのは一般常識ですが、音楽の受容の仕方が変わっても音楽自体はどう変わってますの、みたいな話になる恐怖がありますが、というかそれを避けるために立ち上がったのですものね。
 いろんな人で一つの話を作るとか、その過程もこみこみで思惑と思惑が消しあったりもみあったりというのは、一見おもしろそうですが、文章というもの、しかもそんなおもしろくない文章というものを振り切ったレベルに上げるには、パンチ力が緑色のボタンすぎると思います。例えばもうちょい凝って、一人が一人の登場人物を担当して書くみたいな面倒くさいこともアリなような気がしますが、こんなのはそんなに大口開けて提案することでもないのでやめます。大体、僕がしたいのはむしろ、書く前の会議みたいなもののような気がします。そこの想像を膨らませる企画会議がしたい。でもこれは普通のネット技術で出来る話です。
 ちょっと話の予定が前後してしまいましたが、つまり書こうと思ってたことを先に書いちゃいましたが、何事も、後のものが先になり、先のものが後になるらしいと聞いています。単にやり方が変わったからやることを変えるのでなく、最終的には「そのやってる方法がおもしろい」じゃなくて「その文芸なり創作なりがおもしろい」にならないといけません。「創作がおもしろい」が先にきて最終的に後になるのではなく、後にきて最終的に先にならなければいけません。そうじゃないなら正直ボロクソに言いたい。そうならないためには、僕たちが今まで何をしたくて何をできなかったのか、っちゅうことを考えるのが手っ取り早いと今思いました。それが今回の「考えよう、やってみよう企画」で、なーんだ出来るじゃんよということになれば、ちょっとはおもしろくなっているはずです。僕がこれまで、創作を書く際に悲しそうな犬の顔になってきたのは、とにかく台詞の感じを伝えるのがしんどいということでした。ほいで僕が頭をしぼり、逆にしぼりして考えた、ネット文芸でなきゃ今のとこやれない一つの方策として、まぁやる人がやればおもしろさに一役買うかもしれないな、と思えたのは、例えば、
「なりてえよ、あんたみたいな男になりてえよ」
 のような文章をクリックしたらサクッとした動作で感情こもった台詞が流れるとか、そんな程度のことでした。ハハハ。情けない。しかもこれは、逆に引かれてしまうという諸刃の剣で、しかも、自分を向いている刃の方がギザギザしている場合もままあるような気がします。ちなみに、はてなダイアリーでもやっている人もいるかと思いますが、ネット大喜利という小さな世界でも、例えばめりましさんという人が こーゆーこと をやっていらっしゃいます。正直、ここから飛んだ人には、まどっぺとは結婚とはいったい何のことやらさっぱり意味がわからず、音声を聞いても全然おもしろくなく、むしろ引いてしまうと思われます。やっぱり僕も、どっかの一般人の肉声がスピーカーから飛び出してくると、ちょっとビクッとなってしまいます。これは慣れれば慣れちゃうでしょうなと楽観的に思っておきますが、引いてしまう可能性があるという問題点に加えて、もう一つ問題なのは、原点に立ち返って、そういうのまだまだめんどくさい、ということじゃないでしょうか。これから元も子もないことを言います。文芸創作というのは、紙とペンとおらが頭さえあればどんどん勝手にやっていけるものですし、だから始めたようなところがあります。そうじゃなかったら僕は元気にNSCに入学し、小刻みにうまいことを言う千原ジュニアのポジションを目指していたと思います。結局、ネットでも楽しく生きるにやるべきことはコミュニケーションだったのかと思ったのも今は昔のことですが、その気分はまだ続いていますし、そんな自分が悔しいです。だから今回、首を突っ込んでみました。突っ込んでおいてなんですが、とにかく僕は、そのへんは人まかせっきりにして、トフラーとかいう天才的な頭脳の人が大昔に言ってた第三の波というのが、思いも寄らないところから本格的に文芸の世界にもやって来るのを信じて、それまでなるたけ地肩をおもしろくしておきたいと思います。なんかもう少しで、本格的に戻れないところまで文の書き方がいけそうです。
 ちなみに、ネットでの文芸が、単純に一番確実に盛り上がるのは、ネットで書かれてるそんなにおもしろくもない創作に対して、ちゃんとした本格的なそれっぽい批評をきちんと色々な人に対してやってくれるお釈迦様のような人の大登場でしょう。こと文芸創作に関しては、ハーバーマスさんの言う公共性的なものが、もともともう無いのに更にグダグダだと思います。そのグダグダ感を超平等、超公共性と名づけて、ギリギリ論客を装いながら、結局何も言ってなくてすいませんの言葉に代えさせていただきます。