「王様のブランチ」に出て

 このまえ、ぼくは「王様のブランチ」というテレビばんぐみに出ました。なぜ出たかというと、こんかいの本は、ややこしいわだいにならないから出たとおもいます。でも、こんかいの本でややこしいことをしていないわけではないとおもいました。

 さつえいとうじつ、しっかりはみがきをして家を出ました。でんしゃにのっていると、へんしゅうしゃさんから「スタジオのあるフロアでまっています」というまちあわせのメールがきて、ぼくはそのときはじめて、へんしゅうしゃさんがきのう「ばんぐみからのしつもんひょう」をおくってくれていたことに気づきました。そのながれでしつもんがくるので、ぜったいに見ておいたほうがいいやつです。すごくじぶんをたすけるやつです。あと20ぷんでつくぞというところだったので、とてもびっくりしました。

 いそいでかんがえようとおもいながらちかてつののりかえをしていたら、上がるかいだんをまちがえて、でんしゃに1本か2本のりおくれてしまって、あとコンビニに少しよってしまって、ぼくがスタジオへついたのは、なんと、ほんばん10ぷんまえでした。(おおごしょみたいな入り時間になってしまったな)とおもいました。ひとついっておくと、コンビニによったのは、これはけっしてかんけいのないことではなく、エチケットとして、フリスクとかをかっておこうかなと思いついたからです。昔のアメトークで見たことがあるからです。でも、ぜんぜんうりばが見つからなくて、はしらをりようしたすこしこったいちにあるのをやっと見つけて、レジのれつにならんだら、まえのおじいさんのかごにゼリーとヨーグルトが20こぐらいと、いちばん大きいサイズのどん兵衛が一つ入っていて、なんならどん兵衛の上もうまくつかってゼリーをならべているかんじだったので、ぼくはフリスクをたなにもどしてみせを出ました。ゼリーがほとんどで、ヨーグルトはちょっとしかありませんでした。

 スタジオのあるたてものにつくと、上のかいでまっているはずのへんしゅうしゃさんがちょうどエレベーターでおりてきたところだったので、かなりつよめに(まずい)とおもいました。そのまずさをしょうめいするように、ついてすぐ、にもつだけおいてほんとうにすぐ、さつえいのためのソファにとおされました。白いしょうめいが左右からむけられていました。レールにのったカメラとか三きゃくにのったカメラとかがあってコードもマジで床にはりつけられていて、うしろを人が小走りしたりしゃがんだりしているのを見ながら、ふくの中をとおすあのマイクをつけられて、(テレビじゃん)とおもいました。しゃがんでいるところでとくにつよく(テレビじゃん)とおもいました。

 はじめてだらけのそんなじょうきょうで、さっきちょっと見たしつもんなんかほとんどおもい出せません。(これはだめかも)とおもったけど、お茶をもらってのんだらおいしく、(まあなんとかなるか)とおもえました。いろいろチェックをしているときに、インタビューをしてくれるブランチ・リポーターの榎本ゆいなさんと少しだけはなしました。榎本さんはもうすぐはたちの19さいで、4月にブランチ・リポーターとなり、今日がはじめてのインタビューということでした。(ごめいわくをかけるわけにはいかない、未来があるのだから)とつよくおもうとどうじに、また少しだけ(これはだめかも)とおもいました。でも、えらいもので、はしのえみさんのことをいっぽうてきに話したりしているうちに、(まあなんとかなるか)という気になってきました。コミュニケーションというのはとてもだいじなことです。だからこそ、とくにしろうとは早くきて、じゅんびをすべきだなとつうかんしました。そうすれば、あのころのはしのえみさんの話をもう少しでき、よりきんちょうもとけたはずです。「入り時間」とか知ったふうな口をきいてふざけているばあいではないとおもいます。榎本さんにもスタッフのみなさんにも、もうしわけなかったです。

 お茶はさいしょ下においておいてもいいと言われたのに、やっぱりうつりこむからとちょくぜんでかいしゅうされてしまい、じゃっかんの心ぼそさとともにさつえいがはじまり、そしておわりました。はんぶんくらいなにをきかれるかわからないじょうたいでただしゃべったこと、榎本さんが話をひろげるようかんそうをいったりしつもんをしたりしてくれたこと、ぼくの目せんのおくにすごくリアクションする人が立ってくれていて礼二のモノマネを肌でりかいしたこと、の三つしかおぼえていません。でも、とてもいいけいけんになって、とてもよかったとおもいました。
 たいへんおせわになり、ありがとうございました。