兄と吾郎とVリーガー

「いいか吾郎、今日は早く寝るんだぞ」
 歯みがきの時間、お兄ちゃんが口を泡だらけにして言った。
「うん、何時に起きる?」
「4時。そんで4時半出発。」
 まだ9時にもなっていないから、7時間はねむれる。
「うん、わかった。目覚まし時計をセットしなくちゃね」
「父さんのでかいのを借りてあるよ。簡単にとめられないように、床に置いておくんだ」
「わ、いいね」
「吾郎がとめろよ?」
「え?」
「オレがとめたら、吾郎が起きないかもしれないだろ」
「そっか」
「だから、オレは起きてもほっておくからな」
「わかった、まかせて。明日さ、海まで行けるかな」
「オレの計算だと、ぎりぎりいけるな」
 ぼくは知っている。
「海、見たいな」
「見れるって」
 ぼくは兄ちゃんが、バレーボール選手を連れ込んでいるのを知っている。
「ほら、先に口ゆすげ」
 兄ちゃんは、夜な夜な、ぼくが上に寝てる二段ベッドの下の段に、名前も知らないバレーボール選手(Vリーガー?)を、とっかえひっかえ、招き入れているんだ。
 さすがVリーガーと言うべきか、彼女たちの声はすごく大きい。セックスはスポーツだという背の高い人達の考えが、日々、二段ベッドのネジをゆるませるのを、僕はほとんど毎日聞かされている。ねむれやしない。
 それとは別に心配なことがある。それは、お兄ちゃんがVリーガーを連れ込んでいやらしい音を響かせるたびに、僕の金玉が、すごく”重たく”なることだ。寝返りが打てないほど重たくなって、ベッドの底が抜けそうになる。金しばりみたいになって、体がどんどん熱くなってきて、僕は、Vリーガーの声と、兄ちゃんの息づかいと、ベッドがきしむ音を聞く。
「電気消すよ」
「ああ」
 電気を消すのは、上の段にいる僕の役目だ。三回、立て続けに急いで引く。真っ暗になる。
「明日、楽しみだな」
「うん。ぼく、本当に楽しみだ。兄ちゃんおやすみ」
「今日の月見たか?」
「え?」
「すごい満月だよ」
「ほんと?」
 僕が体を起こしかけると、兄ちゃんが変に落ち着いた声で言った。
「明日の朝、見れるよ。寝た方がいい」
「うん」
「おやすみ」
「おやすみ」
 ぼくは手をのばせば届くところにあるうすぼけた天井をじっと見ながら、今日だけはVリーガーに来ないでほしいと考えた。目がなれる前にいつの間にかねむってしまって、目覚まし時計に起こされたいと考えた。
 だって、一ヶ月前から計画していたんだ。兄ちゃんのリトルリーグがない明日、やっと行けることになったんだ。すごく楽しみにしていたんだ。
 ぼくはねむれなかった。何分か経った。
 と、少しだけ開けていたドアがさらに開いて、光の幅が大きくなった。天井がさっと本来の色をとりもどして、僕は息を止めた。心臓がドキドキ鳴った。
 いっしゅん光がさえぎられて、誰か入ってくる。そして、部屋の真ん中まで来たらしい。服のすれる音。しゃがみこんだんだ。一瞬、青い光が天井にすっとさして、かすかにタバコのにおいがした。
 父さんだ。僕は身をかたくしたままほっとしていた。お父さんが、目覚まし時計がちゃんとセットしてあるかって確認しに来たんだ。お風呂の前に一服して、明日のことが心配になって見に来たんだ。
 目覚ましは大丈夫みたい。明日はきっとうまくいく。また光がさえぎられて父さんが出て行く。そして、さらに大きくドアが開いて、太くなった影が天井に浮かび上がった。
 父さんとすれちがうようにして誰かが入ってきた。
 上の段に寝ていても見える、つやつやした髪の毛。もちろん母さんじゃない。
 甘い香りが流れ込んでくるのに時間はかからなかった。父さんのタバコの煙はどこかにいってしまった。
 そいつは、兄ちゃんのベッドにすべりこんだ。
「オッス」
 兄ちゃんが言った。慣れと余裕から気が大きくなっていて、声をひそめようともしない。
 ベッドが大きく揺れてきしみ、Vリーガーが寝床に入ったことがわかる。と同時に、すぐにディープキッス。いつもの手口だ。
 ピチ、ピチュという、いやらしい音と、時々もれる鼻息が部屋に充満する。
 僕の金玉が重たくなり始める。
 いつもなら少しずつ重たくなるのに、今日は、1キロ2キロと増していくようだ。あっという間に、パジャマの生地が押さえつけられて動かなくなった。そこにいて、聞いていろと言わんばかりに、ぼくはここに釘付けにされる。
 下が激しくなってきた。四本の足がふとんをかく音、服やパジャマが脱げる音。ベッドが不規則に揺れる。ぼくの金玉も今までにないぐらいに重たい。満月だからだろうか。二階の板はもうしなり始めた。
「すご…」
 兄ちゃんの声。何がすごいんだろう。海よりすごいのかな。そう考えたら、金玉がどっと重くなった。天井がぐっと遠くなる。
 でも下では関係ない。ぐちょぐちょした音が聞こえる。その時、急に動いたVリーガーの長い足が枠に当たって大きな音がした。一瞬静かになる。ぼくの金玉が重たくなるために小さく震えているのがぼくにわかる。そしてまた何事もなかったかのようにいやらしいことが始まる。
 やがて、Vリーガーのあえぎ声がたち始めて、ぼくは耳をふさいだ。人差し指を痛いほどおしこんで、動かない金玉を中心に丸くなる。
 それでも、何かささやき合う声が聞こえてくる。ぼくは知ってる。この段階で兄ちゃんは一番よくしゃべるし、Vリーガーはスポーツ選手の本領を発揮し始める。
 ぎりぎりと歯を食いしばって目を強く強くとじる。このままくっついてしまえ。胸の奥が気持ちが悪い。ぼくの体は、外と中からすごい力で押しはさまれて、その力のぜんぶがどろどろの濁流になって金玉に流れ込んでくる。
 金玉からごぼごぼと音がしたのに驚いて、ぼくは指を耳からぬいて、金玉にふれた。ものすごいあえぎ声とクリームがかきまぜられるような音が飛び込んでくる。
 金玉といえば、もちのようにやわらかくマグマのように熱い皮の中に、かちこちの鉄球のようなものがあり、それが熱さの源になっているようだ。
「…れていい……?」
 ぐちょぐちょした音の中でかすかに聞こえた声。それが合図だ。スポーツの始まる合図だ。
「…れて……!」
 荒い息のすき間でVリーガーが答える。
 慌ただしく体勢を入れ替える音。そのたびぼくはどんどん沈んでいき、兄ちゃんが膝を立てて布団の上を動き回る音がすぐ近くで聞こえる。
 ぼくは本当は鼻もつまみたい。だって、あまりにくさいから。
「入れるよ」
 ぼくのおしりの方から兄ちゃんの声。
「うん、うん、入れてっ」
 真下からVリーガーの声。
 どうやらぼくはちょうど二人の間にいるみたいだった。
 今何時だろう。
 ふいに涙がこぼれて、落ちていった。
 その涙を落っことしたいみたいにベッドが大きく揺れ始めた。Vリーガーがうっとりした息を吐き出した。
 ぼくは思わず金玉をかぶった。金玉をかぶるのは初めてだった。無限にのびる熱い薄皮をつかんで、広げて、頭からかぶって、体全体をおおう。パジャマや服を一瞬で溶かしながら、ぼくはくるみこまれた。
 外からはまだ下品な声がかすかに聞こえる。ベッドはどんどん揺れを増して、木のこすれる音が甲高く鳴る。
 二人ともの声が、今やぼくのすぐ下から聞こえていた。折り重なって、一緒に揺れているんだ。
 明日は海に行くというのに。海まで行くには、朝早く起きて、すごくがんばって自転車をこがなくてはいけないのに。
 その均一な揺れの振動によって、つつまれたぼくの身は少しずつ、丸さを整えていった。きれいな球体に近づくとともに、ますます重くなっていった。ぼくはもう、自分の力では身動きができなくなり、揺れと音が止むのを待つばかりにだった。
 それでも、Vリーガーだからだろうか、その大きな声がゼロにならない。ぼくはもういやだ。こんなことはもう全部いやなんだ。セックスは誰かを遠ざける。セックスは何かを遠ざける。セックスは遠ざける。
 気が付くと、ぼくは落下し始めていた。ボウリングの球ぐらいの大きさになって、とめどない落下を始めていた。
 もう海には行けないんだ。
 そう考えてすぐ、ベッドの二階の板をつらぬき、二人をつらぬいたのだとわかった。音がやんでいる気がしたけれど、そんなことはもうどうでもよかった。
 ベッドを、床を、コンクリートを、人の家を、マンションをつらぬき、ぼくは地球の底へ落ちて行った。海から一番遠い場所でぼくは止まった。そして、ずっとそこにいることにした。