読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅惑の新コーナー

みんな知っときたい知らないことが心にあるんじゃない?って思った。
知りたいと思っていても調べなかったり、ちょっと調べてわかったことにして他人を冷たい目で見下ろしたりさ、君たちのかっちょわるいとこを数え上げたら枚挙に暇が両手じゃ足りないのがつらい。
知識欲からのオナニー、向上心ときどきプレステ、頭がよくなりたい人間を阻む壁は至る所にある。ぼくなんかもただ黙々とグミを食べて途中から『メジャーリーグ3』観て20分とか経っているのはつらい(BS朝日でやってた)。あと仕事も大変だと思う。一方そのころヒマな学生はまだまだ興味の幅が肛門ぐらい狭いし、ネットで検索して調べるとこれが俺かと思うほどテンションあがらない。ひっくるめると、勉強は面倒くさいし暇がない。そんなの学生時代からわかってたはずさ(wow wow)。


だから、だから、今回一番伝えたいことは、あなたの代わりにぼくが勉強します。そんで教えてあげるよ。
っていう新コーナーです。
みんなから知りたいことを募集し、ぼくが調べ、ブログに書き、みんなが読み、ぼくが「勉強になったか!?」と全力でツッコむ。
パーマンに出てくるコピーロボットの記憶は、本人とコピーロボットのおでことおでこをくっつけることで伝達されます。この場合、ぼくがコピーロボットで、あなたがパーマンです。君とぼくは科学の進歩であり、希望そのもの。コピーロボットがいたら学校休めるのにな、って気持ちを千葉県からお届けします。


だから当然、これについて知りたい、あれについて知りたい、というテーマをみなさんからコメントで募集します。
これまで募集をかけてろくすっぽ集まったためしがないのにまだ地平線を眺めて渋い顔してるぼくに今度こそ続編のチャンスをください。お願いします。
ちなみに、図書館に忍び込む、一日中悩む、鏡文字で書く、など、かなり頑張って調べる予定です。

最後に、気になるぼくの知能レベルをお伝えしておくと、もってすれば、はじき出した答えは「マヤ文明の予言はウソ」です。
それでは、はりきってよろしくお願いします。