ハーピバースデ

 二十三歳になりました。一年に一回この日がきて、地球のあちらさんこちらさんに、同じ理由で今ちょっと特別に思ってる人がいるというのは「おーいそっちはどうだい」という感じで楽しい気分だったんですが、毎年そういう理由で思い浮かべるプロレスラーが今年はいなくて、プロレスなんか全然知らない僕の胸にもぽっかり穴が空いたような気がします。


 僕の二十三歳は、この、若者が半笑いで切羽詰まって「え、どっち?」みたいな時代の生き方を、今までのノウハウらしきもので長い創作にして小説にして、一部の読者のハートにズキューンと思います。