春秋戦国時代の中国思想

 俺は、何やら昔の中国っぽいところの小さな、四角形の部屋に居た。その四隅には、ラーメンの湯気が立ち上っている。
 部屋はがらんとして、真ん中に俺が立っているだけ。なんだよ。むちゃ寂しいじゃないか。
 すると、真上の天井が丸く開いて、看板のようなものが落ちてきた。俺はそれを前に一回転して間一髪で避けた。片膝を突いたかっこいい姿勢で振り返ると、その看板には、『春秋時代末期(紀元前500年頃)』と書いてある。
春秋時代だと!」
 俺は覚えるために叫んだ。すると、また看板が落ちてきた。ひっくり返ってしまったので、表にすると『春秋は(しゅんじゅう)と読みます』と書いてあった。俺はさっきシュンシュウと読んでいた。
「春秋(しゅんじゅう)時代だって!」
 もう一度叫ぶと、天井は閉じられた。
 俺はまた一人ぼっちになってしまったと思ったが、気配がして振り向いた。一面の壁の中央に、いつの間にか身長190センチ近いおじさんが立っていて、その壁の後ろに「儒家」と、かっこいい字体で書いてあった。
「おじさんは誰? NBAの人だね。姚明(ヤオ・ミン)だね。ねえそうでしょ。身長を生かして、かっこ悪いダンクを発明した人でしょ」
 姚明は答えなかった。よく見ると、驚くほど精巧ではあるが、東京タワーにある蝋人形のようなものらしかった。目のところが安い。
 また看板が落ちてきた。
姚明ではない。孔子って聞いたことないか? <論語>とか、聞いたことないか?』
「あるよ」
 そして、俺が答えるごとに次々と落ちてくる看板。
『その身長の大きな人が孔子。大きいから、長人とも呼ばれた。孔子儒家の祖』
儒家ってなに」
『ジュケじゃなく、ジュカと読む。儒学は、仁の完成と礼秩序の維持による理想の国家の形成を理想とする』
「わけわかんない」
『仁は愛。誰に対しても愛を持ってやれば、誰もが礼儀正しくしようと思うし、そうすれば国も安泰となるのは道理』
「うん、俺もそう思うな」
『それが儒学
「でも、愛って何」
『規定していないが、とにかく愛、というか仁。仁には色々な形がある。親孝行の<孝>も仁、忠義の<忠>も仁』
「なんだよ。もっとはっきりしてくんなきゃわかんないよ。儒学も大したことないなぁ。ウドの大木め」
 俺は孔子の人形を振り返って言った。
『悪口を言うな』
 最後の看板は、凄い勢いで、しかも角のところを一番下にして落ちてきた。そして、ぴしゃりと天井の穴が閉まった。俺は上の人を怒らせてしまって、また一人ぼっちになってしまった。孔子はぴくりとも動かなかった。近づくと、やはり目のところが安っぽい。
 また誰かに見られているような気がして、振り向いた。すると、反対側の壁の前、なぜか真ん中から少しずれたところに、別のおじさんが座っていた。壁には『道家』と、木の枝を並べた文字で書いてあった。
 どうせ蝋人形だろうと思って近づくと、生きていた。
「おじさんは誰」
老子だよ」
「聞いたことあるよ。その『なんとか子』のシリーズ、俺聞いたことある」
「やったじゃん」
「おじさんは……」
 俺は壁を見上げた。
「道家の人なんだね」
「ドウカって読むよ。君、さっき、カをケと読んで注意されてたのに」
「えへへ」
 俺は老子という人は優しそうなので、その人当たりに接すると、俺もなんだか心優しい人間になれるような気がした。
「でも、それでいいんだよ。そうなんだから、しょうがない」
「それでいいんだ。俺はもっと賢くならないと公務員試験に受からないんですけど」
「それはそれでやればいいけど、とにかく自然を大事にね」
「自然大事に」
「君はこの自然の中にいるよね。君が自然だとすれば、誰もが自然だよね。いい奴もいやな奴も自然だよね。君がいい奴でも、悪い奴でも、自然だね。それを尊く思えば、思うことが出来れば、君は無為に、自然のままに作為なく、あるがままに生きていられるよね」
「エレピー、エレピーのことだね」
「それわかんない」
「<let it be>だね」
「いや、そもそもね。そのletって動詞は基本的に他動詞だよね。あるがままにさせておくってことになるよね。それだと、作為の意味になりかねないんじゃないかな。そう思うことすら、外物を侵すことになりかねないというね。その域を超えてこそ、道は開けるよね。そうなれば、天下は自ら治まるんじゃないかな」
「わかんないです。礼儀正しくしろってことですか」
「それはむしろ違うよね。礼儀も人為的だからね」
「そっか」
 俺はさっそくさっき得た儒家の知識を使って間違ったのでしょんぼりしてしまった。そんな俺を老子はぼんやり見ていた。
 しばらくして、また看板が落ちる音が背後で聞こえた。老子に見られているのはたまらなかったので、看板に近寄ると、こう書いてあった。
『そんなことより、やっぱ愛だよ!』
 すると、またいつの間にか、儒家と道家に挟まれた一方の壁に、新しく『墨』と書かれており、そこに別のおじさんが立っていた。いや、これは人形だ。なぜかジャージを着ていた。
 すると、また看板が落ちてきた。
儒家のいう仁は、ちょっと限定的すぎるよ。お前らの教えを受けた野球部が、監督とOB会にだけペコペコして、不祥事を起こすんだ。愛するなら、丸ごと愛さなきゃ。仲良くなくても愛さなきゃ。兼愛、博愛の精神だよ。そして興利、ものを節約して、天下国家を豊かにしようじゃないの。戦争なんて浪費の最たるもんでしょ。もってのほかだよ』
「愛ってなんですか」
『愛は愛だよ。とにかく、差別なく相互扶助してこって言ってんの! それがそのおじさんの、墨子の意見』
「どうして墨子はジャージを着ているの」
『ジャージは愛だよ。いつ何時でも、ジャージを着ていれば人の役に立てるじゃん。そういう心意気を表しているってわけ』
「いいですね」
『だよね』
 そして、それっきり、看板が落ちてこなくなった。話が弾んでいたのに、どうしてだろうと思っていたら、また落ちてきた。『戦国時代』と書いてあった。
 その看板を見ているうちに、あいていた一面の壁に、また新たに人形が一体現れていた。何も着せていない男のマネキンだったが、耳無し芳一のように、体中に文字がびっしり書きこんである。後ろの壁には、法家と書かれている。
 そして看板が落ちてきた。
『彼が商鞅です。彼はこう考えました。権力を君主に集中し、法による統治をするのが賢明でしょう。以上』
 そのまま終わりそうな雰囲気だったので、俺は慌てて言った。
「待って! なんて読むの!」
『ショウオウ。そのあとに、韓非というのが出てきますが、カンピと読みます。彼をもって法家思想は完成しました。以上』
 法家の壁の前に人形が一体増えたが、隣のやつと全然変らなかった。
 孔子儒家)の方で気配がしたので見ると、いつの間にか倒れて横になっている孔子の人形の左右に、二人立っていた。俺はもう慣れてきて、あんまり驚かなかった。近づくと、これも人形だった。上半身が裸で、胸から腹にかけて、それぞれ『性善説』『性悪説』と書いてある。『性善説』の方の人形は、天使を模しているらしく、羽と輪っかがついている。『性悪説』の方は、悪魔みたいな格好で、矢印のしっぽにフォークみたいなものを持っていた。でも、二人とも顔がアジア人でおじさんだった。
 そして看板が落ちてきた。
『天使が孟子。悪魔が荀子
「孟子と……タケノコ?」
『ジュンシって読むんだよ。このボケナスが』
荀子
 その時、悪魔の格好をした荀子の人形が博物館の動きで動き、フォークみたいなものを突き出す動作を繰り返した。そして、大きい看板が凄いスピードで落下してきて、床を突き刺さった。
『そうだよ。人間なんてな、しょせんクソ野郎だ。だから、孔子先生の教えで、礼をたたきこんでやらねえとわからねえんだ。自分ばっかりなんだよ、お前らは。だからケツバットで性根を叩き直してやらないといけねえんだよ。ビシビシいくぞ、クソが。お前らはクソばっかりだ。そんあクソどもをまとめるには、武力を使ってでも、覇道政治を貫くしかない』
 俺は怖いので、基本黙っていることにした。心なしか落ちてくる看板の速度も速く、先がとがっていた。
『そんなことないよ。人間は基本的にはいいもんだよ』
 丸みを帯びた角のない看板が落ちてきて、なんなら少しボイーンという感じでバウンドしたので、俺はホッとした。孟子の人形の羽がパタパタ動き始めた。
『だから、道徳と仁に基づいて国を治めれば、きっと人はついてくるよ』
ド−ン!『クソはクソの我利我利亡者だからついてこない』
ボイーン『そんなことないって。儒家の教えを話せばわかるはずだよ。赤ん坊が苦しんでいたら、とっさに助けようと思うでしょう。そういう心をみんな持っているはずだよ』
ドーン!『道徳の先生かお前は。私利私欲のために人間は赤ん坊を助けるんだ』
 すると、天井の上からドシンドシンという音が聞こえてきて、振動しているのもわかった。
 そして突然、丸い穴が開き、昔の中国っぽいおじさんが放り出された。そのおじさんは沢山の看板の上に背中から落ちて、したたか打ったらしく、ひどく痛がって動けないらしかった。よく見ると、頬も腫れて、上で一発誰かに殴られたらしい。
 すると、そのおじさんの上に、もう一人おじさんが、穴から飛び降りてきて、腹に着地した。俺はそれが荀子だとすぐにわかった。そして、下に居るのは孟子だ。
「お前もこうなりたいか、クソ愚民が」
 俺は首を振った。その動きで、道家の壁の前に老子がいなくなっていて、別の人物がいることに気づいた。その人は、今こんな大騒ぎになっているのに、目を閉じて、マンガ喫茶の個室にいるのかと思われるほどリラックスしていた。
「万物はみな等しく同じで、個々の現象は大局から見れば差別なし。その理に立つことができれば、自己自身の判断に惑わされずに生きることができるでしょう」
 その人がつぶやくと、荀子がにらみつけた。
荘子は黙ってろ! うすのろが!」
 その声が猛烈に大きかったので、僕は狭い部屋の中で走り出していた。なぜか荀子が追いかけてきて、部屋をぐるぐる回って、荘子が全然助けてくれないのを感じながら、なんとか逃れようと、いちかばちか、一番薄そうだった法家の壁のところに思い切りぶつかった。
 すると、ズボッと向こう側に突き抜けて、いきなり目の前が真っ暗になって、同時に誰かにぶつかった。
 見上げると、周りは真っ暗なのに、その人の顔だけ輝いていた。きっと、凄くいいものを食っているに違いない。立派なヒゲを生やし、頭の上に帽子をかぶり、その上に、ジャラジャラのついた下敷きを乗せている。その人が喋り始めた。
「今のうざい考えの応酬が、春秋戦国時代の『諸子百家』と呼ばれる。もっと色んな奴があんなこと言い合って競い合っていた。とてもうざい。法家だけあればいい。とにかく、いよいよ次が、七つの国が争っていた戦国時代を見事統一した秦の時代だ。俺の時代だ」
「あなたは」
 その人は言った。
「秦の始皇帝とは俺様のことよ。屁のつっぱりはいらん」
 なんだかわからないが凄い自信だと俺は思った。