ブログ休止のお知らせを一人称俺で

 なんか飽きたというか、ブックマークがいくつあろうと人が百人こようと結局自分のことで自分はおもしろいことが書ければそれでよかったのだからもう公開しておく意味もないし公開しない意味もないのだけれど、公開しておけるようにしておくとやっぱり俺は公開しちゃう、責任感とかけっこうあるタイプだからな。ただ、何か不満があるとすれば、生身の人間とかこの世界ってのがおもしれえな、あおいだら風がきて涼しいのかよおもしれえな、とか思ったりしている俺は、言うまでも無くそこで生きているわけだし、最終的にそこに戻ってこなければいけない気がして、やっぱこっちかなあ、とか言って戻っていくような気がして、というか今がその時だ。つまり、俺は、キーボードをぱちぱち打ってクリックしてネット上に文章がアップされるのを見るよりは、キーボードがぱちぱち言ってる方がおもしろい、俺の手の動きの方がおもしろいような気がしている。この文章を世界中のみんなが見てくれてるんだぁワー、というそんな気持ちはとうにない。まあそんなこと今では誰も思ってないだろうけど。ネットでは価値観のみが名前を持ってウロウロしている。そんなのはキーボードがぱちぱち言うのがおもしろい自分としては、何の役にも立たなそうに見える。ここまできたらそんじょそこらの価値観で俺の心が躍ることはもうないだろうし、実際俺は、ネットを巡回して、そんじょそこらの価値観ばっかりで、その価値観がガンガンガンガンやってるので、お前らうるっせーよと思っている。でも、お前らうるっせーよが自分の意見で正しいと思っているのと同じように、ライフハックとかいうものだってどうしようもなく正しいし、よく知らないけど厭味なブックマークコメントも圧倒的に正しいし、それに対する苦言もどこまで言っても正しい。ネットでは価値観だけが生身だからだ。現実のダメ人間がダメでもどうしようもなくそこに居るのと同じで、価値観は存在理由になっているのだから、存在理由を消すことはできないのだから、どうしようもない。それが飲み込めていないと、よせばいいのにネットで議論して喧嘩するのだろう。でも、議論するのも喧嘩するのも価値観なら、それだって正しいんじゃないか。とか考えて、とりあえずほったらかすというのが俺のやり方、俺の22歳という生き方。まあでも別にそんな余計なことは言いたくなくて、今したいのは価値観の話で、これも余計な話だけど、ネットであーだこーだしていても「おもしろかったです」という自己申告の価値観は見えても、やっぱり笑い声を聞けないのではないか。ていうか聞けないよそれは。俺はキーボードのぱちぱち音のような、笑い声が聞きたかったんじゃないのか。そのために笑いについて考えてきて、色々やってきたんじゃないのか。俺の価値観が生む笑い声が聞きたかったんじゃないのか。その割りに、この何年か、全然笑い声を聞かなかった。部屋はとても静かで、個人的に好きな音楽なんか流れているし、大学で友達できなかったし。
 というわけで、というわけなのか知らないけど、ミック・エイヴォリーのアンダーパンツは今日でいったん終わりです。いつか再開するかも知れませんが、これからとりあえず長い間、一人で書いときます。今まで書いたのは消すのめんどくせぇという理由で残しておきます。誰か出版してくれ。さようなら。